windowsやExcelの操作、マウスだけで行っていませんか?

PC活用

windows、Excelをはじめとして、ソフトウェアはマウス操作でなくキーボードを使うと効率が上がることが良くあります。ぜひキーボード操作も取り入れましょう。マウスが得意な操作、キーボードが得意な操作、組み合わせるのが良い操作、いろいろあります。

マウスだけで操作することにこだわるのは時間のロスです。

誰でも使える環境、ソフトとして、windows・Excelに絞って列挙してみます。

(この記事は10分で読めます)

基本(windows、Excel共通)

CTRL+A:すべてを選択
CTRL+X:切り取り
CTRL+C:コピー
CTRL+V:貼り付け
CTRL+Z:やりなおし
CTRL+F:検索
CTRL+S:保存(テキストなど)
CTRL+P:印刷(テキストなど)

以上、CTRL+一文字系はこんなところでしょうか。
上記はExcel、word、テキストエディタなどほとんどで共通の、きわめて基本的なショートカットキーです。フォルダなどでは、CTRL+FやCTRL+Pができないなど多少違いはありますが、一応の基本として記載しておきます。

応用(個人的振り分け)

ALTは若干頻度が落ちますが、CTRLやSHIFTを押しながら何かのキーをという操作は
たくさんあります。CTRLとSHIFTを押しながら操作ということもあります。
CTRLやSHIFTを押しながらフォルダ内のファイル選択、Excelでセル選択をいろいろやると、
挙動がみえてきます。

Excel操作
上記の基本アルファベット一文字系に加えて、
Excel特有の一文字系

CTRL+H:置換
CTRL+F11:新しいシートを挿入する
CTRL+1:セルの書式
CTRL+Y:やり直しのやり直し

CTRL+Yというのは、ExcelでもWordでもテキストでもよいのですが、例えばテキストエディタや「100」と入力したとしましょう。そして、100じゃなくて10と入力すべきだったと思ったら、BackSpaceを1回押して10にします。その後、やっぱり100と入力するのが正しかった、そんなときに「CTRL+Y」を押すと、10が100に戻ります。そんな操作がCTRL+Yです。
「やめるのをやめたんだ」みたいな操作ですね。意外に使う場面、あります。

CTRL+1で開いた後、セルの書式設定に「表示形式」「フォント」・・・というタブがありますが、これらはマウスで選択してもよいのですが、CTRL+Tabで左から順番に選択を映していくことができます。

ちなみにALT+Tabを順番に押すと・・・開いているウィンドウやブラウザやソフトが順々に切り替わります。
マウスではできないこと、しにくいこと、結構ありますね。

 

話を戻しましょう。文字が入力されたセルで

CTRL+I:斜め文字にする
CTRL+U:アンダーバーをつける
CTRL+B:太文字にする

CTRL+「;」(Lの右のキー):今の日付を入力
CTRL+「*」(Lの右右のキー):今の時刻を入力

行・列の挿入
CTRL+「+」(テンキーの6の右付近):行やセル番号を選択して、行やセルを挿入する
CTRL+「-」(テンキーの右上):行やセル番号を選択して、行やセルを削除する

1,2,3,・・・行だけでなく、A,B,C,・・・列でも同様にできます。

Excelの行番号(左の1,2,3,4,5,・・)で例えば2,3,4をマウスで選択してから、
ALT+SHJIFT+「→」 アウトライン追加
ALT+SHJIFT+「←」 アウトライン削除

よく、段落っぽい構造にするときに使われているのを見ますね。8段階まで設定できると思います。

1,2,3,・・・行だけでなく、A,B,C,・・・列でも同様にできます。

ファイル名・フォルダ名を変えたり、Excelのとあるセルに記載してある文章を編集したい時は、右クリックで名前を変更でもよいですが、F2を押すことで編集ができます。その際は、行頭へ飛びたければCTRL(やShift)+Home(、End、←、→)を組み合わせることで、さらに効率よく編集をすることができます。

Excelのセルにデータが隙間なく入っている場合、入力されてる端から端へ飛ぶには、CTRLを押しながら↑、↓、←、→を押すことで行うことができます。

他にもいろいろ、というかまだまだあります(笑)

ブラウザ操作(Google chrome)
タブを例えば5つ開いているとき、左から順番に12345とすると、
ページを切り替えるときにマウスを使ってもよいのですが、

CTRL+PageUp  → 54321 とページを切り替える
CTRL+PageDown → 12345 とページが切り替える
タブを5ページ開いていたら、CTRL+4などで(左から)4番目のタブに飛べます。
同じchromeウィンドウの中で新しいタブを開くには、CTRL+Tを押します。
新しいchromeウィンドウを開くには、CTRL+Nを押します。
タブの複製を行うには、URLをマウスでクリックして反転した状態でALT+ENTERを押します

これらはExcelやWord、メモ帳などと違って、調べることができないので、
ソフトのメニューバーでは知りえません。Google Chromeにはメニューバーがないですからね。
ヘルプを読むとか、Googleで「Chrome ショートカット」などで調べると先人がいるので調べることはできますけど。

ブラウザの枠を取っ払い、全画面で少しでも広く使いたい時は
F11
を押しましょう。広く使えます。

あと、ページ(タブ)を閉じるときに、

CTRL+W

で閉じることができます。

デスクトップに戻りたい時は、Win+Dを押しましょう。DはDesktopの頭文字です。

 

その他ソフト

メニューがあれば、それをマウスで選択すると、右の方にCTRL+(何か)が書いていたりします。たまにALTのものがある場合もあります。それらが、その操作をマウスでなくキーボードで行うためのショートカットの説明です。

なんでもそうですが、ある程度いろいろ知った段階になると、あれはできないかな、これはできないかな、などという拡張の思考が働いてきます。
上記の内容を知ったうえでなら、隠れたショートカットがあるのではと思えると思うので、いろいろ試してみましょう。
いつまでも勉強です。
よく使っているショートカットを、操作しながら書いただけでも結構たくさんの種類があると実感しました。
是非、いろいろ調べて習得して、快適なパソコンライフを送りましょう。

パソコンは、速度を速めると満足度が飛躍的に高まります。そして、疲れません。
ショートカット、タイピング力、WINDOWS の効率的活用術を高めると、一つ一つのToDoの処理速度が飛躍的に高まることは間違いありません。

WINDOWS の活用術については、以下の記事で開いているので、是非導入してみましょう。ソフトを入れることなく、WINDOWS の機能で効率化を図ることができます。

 

少し番外編です。
Windows キー(Win キー)を押しながら←を押して何かのウィンドウを左半分に固定し、←を離すと、ウィンドウを⇔に振り分けることができます。

Win キーを押しながらTabを押し、画面上部に「新しいデスクトップ」があります。これで新しいデスクトップで別作業をすることもできます。
デスクトップの新規作成は、自分のPCでは40画面までは確認しました。たぶんもっとできます。デスクトップ切り替えは、CTRL+Winキーを押しながら←→などで切り替えられます。全体を見たい時は、Win+Tabです。

まだまだ一般的にあまり使われていないショートカット、あると思います。
興味があれば調べてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました