GalaxyS8で「水分が検出されました。充電器を取り外して~」の対処法は?

モバイル活用

GalaxyS8を使っていて(S8に限らずGalaxyシリーズの他の機種もそうかもですが)、明らかに水分や汗が入り込む状況でないにもかかわらず、「水分が検出されました。充電器を取り外して、充電器とUSB ポートが乾くまでお待ちください。」というメッセージが出て、充電しようとしても振動と警告音が鳴ってしまうことがあります。

USBポートがおかしいためか、水分検出アラームが消えないんですね。
このページでは、Galaxyの水分検出の消し方(正確には対処法)をご紹介します。

結論から言うと、センサー異常がGalaxyシリーズの持病として存在している可能性があります。

明らかに水分や汗が入らない状況だったか考慮

初めてこの警告が出た場合は、1~2時間ほど放置で乾かしてみるべきですが、そもそも明らかに水没させていないのに消えない場合は、センサーが故障している可能性が高いです。

その対処法は、端的に言うと、「無視する」です。
「直せないなら無視するまでだ(´_ゝ`)」ですね。

実際に水没させてしまった場合については、「無視」作戦は当然ダメです。
一般的なスマホ水没時の対応については、以下が詳しいです。
https://andronavi.com/2013/07/283031/

よく、「ドライヤーで熱する」というのも見ますが、やめるべきです。
半導体は熱に弱く、適温は10度~35度といわれています。
パソコンもスマホも同じコンピュータです。
冷風なら問題ないと思いがちですが、水分が奥に押し込められ、より浸食・蒸発しにくくなる可能性を考えると自然乾燥が一番と思います。

再起動ボタンを押し、再起動が発動した直後に充電する

そのままではビービー鳴って充電ができないので、再起動・もしくは電源をOFFにします。
電源をOFFにした場合は、充電ケーブルを差してから電源を入れます。
再起動を促した場合は、振動の直後に充電ケーブルを差します。

振動が出た瞬間が、再起動が開始した瞬間です。

再起動を促します。

これで、センサーが誤作動を起こす前に充電を開始することができます。

AUショップにも聞き、ネットの情報とも一致していますが、水分検出センサーに不具合があり、誤動作してしまうことがあるようです。

センサー無視方針で2年近く運用していますが、不具合はありません。そして、警告は消えることもあり、また発生することもあります。水没させていないのなら、気にせず充電しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました