WINDOWS PCの辞書登録を効率的に行えている?ここまでやりましょう

PC活用

(このページは5分で読めます)

事例1.普通の辞書登録
事例2.一歩進んだ辞書登録
事例3.入力ミスのクセを考慮した辞書登録

よく推薦される使い方が、

いつもお世話になっております。あいう商事の山田と申します。

「いつも」「おせ」「おせわ」
などで辞書登録をしましょう、などと紹介されることが多いです。

IMEとはInput Method Editorの略で、要するに文字入力をサポートしてくれる
ツールの事です。
Windows にはWindows98の時代から標準搭載されており、
使っている人は多いと思います。

パソコンのタスクバーの右端に「あ」などとあり、
その「あ」を右クリック→単語の登録(O)をクリックすると出るものが
辞書登録であり、IMEと呼ばれるツールです。

これを行う事により、文書作成を効率的に早めることができます。

スマートフォンでも、さわ→新宿 などと登録したりしますよね?(笑)

先ほど書いた、

事例1.

いつもお世話になっております。あいう商事の山田と申します。

「いつも」で登録

このような辞書登録を推薦されます。
よく使うフレーズはどんどん登録しましょう。

PCによって多少場所は異なるかもしれませんが、私のPCでは辞書登録の場所は以下です。

C:\Windows\System32\IME\IMEJP\IMJPDCT.EXE

さらに一歩進んで、こんなこともしましょう。
たとえばAmazonで買い物をしたら、出品者などの評価をしますよね。

そんな時、こんな登録をしておくのも便利です。

事例2.
とても迅速な対応で、快適に取引をすることができました。また機会があればぜひよろしくお願いします。

「1」で登録

Wi-fi→「わいふぁい」で登録
AMEX→あめx
OK→おK

各種顔文字の登録
(・∀・)→「かいん」
( ´艸`)→「やま」
(〃▽〃)→「てれ」

あくまで私の一例です。

補足事項として、大文字と小文字は別々に登録すると便利な人もいると思います。
AMEX と amex ですね。
大文字ばかり打ちたいこともあると思います。
ローマ字入力で、Shift+Caps Lock で大文字小文字を切り替え、
備わっている辞書で変換しにくい漢字やフレーズは、どんどん登録していきまましょう。

site:→さいと
allintitle:→おーる
intitle:→いんた

等の登録も便利です。これもうなづける人はいることでしょう(^-^)

また、「」なども、文章を打っていてよく入力しますね。
直接やってもいいんですけど、
「→J、」→L などで登録しています。
これも好みです。

() を 89 で登録しておくのもよいですね。

次の事例3でお薦めなのが、
自分の打ち間違いのクセを踏まえた登録をすることです。
これも結構役立ちます。

たとえば、「検索」。

これをローマ字で書くと、
kensaku
ですね。でも、早く打つとこれが、
kenskau

と打ってしまうことがよくあるのです。

けんさく と
けんsかう
の違いですね。
検索→「けんsかう」でも登録してしまいましょう。

運用 なども、うんよう ではなく、うんゆお などと打ってしまうことがあるので、
登録しています。

自分がどうミスをしやすいかを踏まえたうえでどんどん登録して、便利にしていきましょう。
登録した文字たちは、保存しておくことができます。

パソコンを買い替えるときなどに引き継ぎ、快適な入力環境を手に入れましょう。

文字入力の際に、いちいちタスクバーの「あ」を右クリックして辞書登録を開くのは
何気に面倒です。そんな時、

windows で使えるランチャー技
あのファイルを、あのフォルダを、あのプログラムを1秒で開きたい!デスクトップにアイコンが多すぎて整理に困る!そんなあなたに朗報な 便利技です。デスクトップに1個もアイコンを置かなくても作業がはかどるようになりますよ。

のランチャー技を登録しておけば、まさに1秒で辞書登録ツールを開くことができます。ソフトのインストールがいらず、WINDOWSの「機能」で実現できるのです。

興味があればぜひどうぞ。めちゃめちゃ快適になること間違いなしです。

質問、感想、ぜひお待ちしております。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました