人生は航海、RPG、出会いであるという事。

自分を売る ということについて考えてみた。

 

よくいう、「車が売れる営業マンはしゃべらない」というのがありますね。
正確には、車を売ろうとしていないんですよね。

車をお客様が買ったら、お客様の人生、家族との生活がどのように潤うかを、雑談の中でうまく引き出して、
車の価格以上の幸福をお客様に感じてもらう事が大切なんです。

 

客の立場で言うと、
「ちょっと試乗してみようかな。買う気はないけど」

とか、

 

「そろそろ新車を考えてもいい『かも』なぁ・・・」


とか、


「新車乗り換えを結構考えている」

段階の人、色々いますよね。

 

 

店舗を構えてお客様に来ていただくのが基本なカーディーラーは、あの手この手でお客様を呼び寄せます。
キッズスペースを設けたり、くじ引きなどキャンペーンをやったり、VRで最新の安全システムを体験させたり。

 

自分を売るということを学ぶにあたって、ディーラーに行って話を聞いてみるというのはすごく勉強になると思います。

 


クレヨンしんちゃんの売間久里代、あれはちょっと・・・ですねw
いつもジャガイモ小僧にしてやられるばかりです。。


しんちゃん(5歳)からすると、キモいケバい、いじり甲斐のあるオバサンなだけで、
このひとからモノを書こうとか言う意識は微塵もない。
母親のみさえにももちろん響いていないですね・・・(-_-;)

 

 

営業関係で浮かびがちな「自分を売る」というこのフレーズですけど、もっといくらでも展開できる思考なんですよね(*ノノ)

 


で、どんな展開ができるかというと・・・

 

 

 

人生で、出会いってたくさんありますよね。


幼稚園・・・

 

小学校・・・

 

中学校・・・

 

高等学校・・・

 

大学・・・

 

就職・・・

 

転職・・・

 

 

幼稚園や小学生の時って、
好きな子ができたら、大人では考えられないくらいに猪突猛進に異性にアタックしますよね。
中学生くらいから性への意識が目覚め始めるという感じです。少なくとも自分の周りでは。

 

だから、小学生の時は普通にスカートめくりとかに遭遇してもあまり抵抗もなかったですし、
男より強い女とかいませんでした?( ´艸`)

 

大人になって同窓会でその強かったコに話すと、覚えていなかった、ということを言われましたw

 

そんなこんなで小学校高学年~中学生くらいになるとやっぱり異性を気にしてきますよね。
男も女も体つきが変わってきますし、お風呂も別々になってきたりしますし。(*ノωノ)


中学になると、(小学校でもあるにはあるけど)クラスごとに合唱コンクールなどあったりしますよね。
たまたまそこで気になった異性に話しかけるために、CDを借りる口実で話しかけたり。

私なんかは学校の勉強は結構できたほうなので、ノートをよく求められてましたね。
学校の勉強って、教科書に従って理解して問題解けばどんどん理解が深まるし、応用力も深まって楽しいから、苦だと思ったことがあまりなかったですね。(*ノωノ


交換日記なんてものもやったことありましたし、気になっていた異性に寄せ書きをもらいたいがために、クラス全員(男女すべてw)に紙を渡して書いてもらった記憶があります。

今思えば、ジャイアンが名言をつぶやいていますねw


大学にもなると、エレガントに接したいなあなんて思ったこともあったけど・・・(`・ω・´)

 

 

大学、社会人になったら、会社付き合い、オンラインゲームのオフ会、異業種交流会、趣味の出会い、いろいろありますね。


オーストラリアに旅行をしたときなんかは、ナリタニストロードで見る写真のコメントを実感しましたね。


ナリタニストロード


これは、成田空港の第三ターミナル(第二空港駅ビル下車)
へ向かう途中にある、500メートルくらい歩く中で見ることができる写真たちです。
効率を求めるなら第二ターミナルのANAなどですが、まさに「旅」を感じることができて、一度は絶対行きましょう♪
ほっこりしますよ(o+艸+`o)

 

旅行って、「非日常」の代表格ですよね。
これを否定する人はたぶんほとんどいないでしょう(o+艸+`o)


実家に帰省するときにも、これが見たいために好んでLCCを使っていたものです。

ちょっとリンク先から抜粋させていただきますね。

ナリタニストロード

 

 

ネットにつながっていない宝物が、
世界にはまだ、たくさんある。

 

 


旅に出るたび、
自分の物語のページが増えていく。

 

 


楽しいだけじゃない。だから旅は楽しい。

 

 

人生は旅だと本当に気づけたのは、
旅に出始めてからだった。


(略)

 

こんな感じで旅の魅力を彷彿させてくれます。

 

また、人生は旅であり、RPGのようなものです。
RPGとは、町の人から謎解きの情報、次の町や新天地の情報、敵の情報を聞いて
経験値をためて、ひたすら経験値をためて、強くなるまで根気よく経験値をためて、
自分自身の力をつけて、いい武器や防具をそろえ、敵に挑んでいく。

これが王道のRPGですね。

つまずくこともあります、自分が正しいことをしているのかどうかがわからなくなる時もあります。

そんな時、信頼できる人に相談するのが一番です。
できる限り自分でやり尽くして相談するのが一番です。

小学生、中学生の時に勉強した算数、数学、理科、社会等、当時はわからなくても、今は新聞やテレビやネットで情報に触れて自分の知識も武装されているので、すんなりとわかるものも多いですよね。抜け落ちた知識もあるとは思いますけど(笑)

 

RPGとリアル人生が違うのは、人に話しかけたら必ず答えを返してくれるRPGと、話しかけ方によっては答えを返してくれない、会話もしてくれないこともあるリアル人生、そんな違いですねw


物事、趣味に合う合わないがあるように、人と人との相性も会う合わないがあります。
いい悪いではないのが面白いですし、万人から受け入れられる人はそんな多くはありません。
蓼食う虫も好き好き(There is no accounting for tastes.)ということわざもあります。


そんなこんなで、人生を面白おかしく生きてしまいましょうというのが自分のスタンスです。

 

ドラゴンボールの亀仙流の修行方針にも、


よく動きよく学びよく遊びよく食べてよく休む

というのもありますしね。

 

 

そんなこんなで、いいもの、いい手法を紹介して
あなたの人生、仕事、恋愛、趣味がよりよくなるのをちょっとでもお手伝いできれば、もちろん自分自身も少しずつ向上していければと思います。


今一番自分に響く言葉は、「継続は力なり」ですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました