粉骨砕身、身を挺して一生懸命働きます?(笑)

昔は、「24時間戦えますか~♪」なんてCMも流行ってたそうですね。
新卒でいい会社に入り、一生懸命働き、出世競争を勝ち抜いて安泰の人生。

確かにそんな時代ではありました。

今はそんな時代ではない

 

入社して、よーしここでしっかりと働くぞ!その心意気やよしです。
新卒にしても転職にしても、自分のやる気やスキルをふんだんに発揮し、
どん欲に学んで会社、そして社会に貢献するのは大切です。
た・だ・し。いい加減にやってはいけません。自分を犠牲にするほど働いてもいけません。

最小限の力でそつなく仕事をこなし、自分の時間を大切にするのです。

とはいえ、最初は懸命に仕事を覚えましょう

 

自分で選んだ会社です。相手が選んだわけではありません。
仕事内容、会社の事業内容、面接官の人柄、社訓、なんでもよいです。惹かれたものがあったから選んだのですよね。
他に通らなかったというのもあるかもしれません(笑)

縁があって決まった会社です。一人前になるまでは頑張りましょう。
石の上にも三年という言葉は、結構つかえる言葉です。そして、結構当たっています。
ですが、あまりにひどいブラック企業は自分のみを壊すだけです。
親や、頼れる親戚などに相談してみるのもよいでしょう。

一生懸命上司や先輩の言うことを愚直なまでに聞いて、仕事を覚えましょう。
人付き合い、会社の中での振る舞いもスキルのうちです。
どんどん会社の事を勉強しましょう。
仕事、情報の管理方法、会社の仕組み、上司や先輩や同僚との付き合い方など。
友達とは違うので、どうふるまえばいいかわかってきます。
本当に人それぞれです。
良かれと思って行動したことが裏目に出ることもあります。

会社は、安くて優秀な労働力を求めています。
会社の目的はなにか?ただ一つです。利益を出すことです。

社会貢献とかそんなものは一切関係ありません。
会社は、利益を出すために従業員を募集しています。囲い込んでいます。

日本の会社は、海外の会社と比べて、圧倒的に従業員を守っています。
簡単には首にできません。ただし、正社員です。
派遣社員とかは3か月ごとに面談があり、スキルがあっても体のいい理由で解雇します。

じゃあ、どのように会社と付き合うか

簡単です。
再度書きますが、会社は、安くて優秀な労働力を求めています。
そして、お金をかけて社員を教育します。

一方、生かさぬよう殺さぬように従業員を飼いならします。
江戸時代、徳川家康が発した言葉「百姓は生かさぬよう殺さぬよう」ですね。
ちなみに、「東照宮上意」にあるそうです。

会社には最低限の感謝を感じつつ、示しましょう。
その方法は、仕事をきっちりとこなすことです。

締め切りを意識しましょう。
締め切りやToDo管理に関しては、以下記事でも書いてあるので参考にしてください。

Todo管理を効果的に行うにはどうすればよいか【マネしてOK】
仕事だけじゃなく、プライベートのタスク管理についても便利なToDo管理方法について記載しています。

締め切りをきちんと守る人は、信頼されます。
小学生でもわかりますよね。でも社会人になると、会社の中では
守らないことも当たり前になります。ですが、正しいことではありません。

自分だけは守るようにしましょう。
締め切りを守って悪いこと、デメリットは一つもありません。

やるべきことをやったら、自分の勉強に充てるのです。
会社の勉強でもよいです。自分の勉強でもよいです。

ですが、間違っても上司に「時間があるので勉強してもよいですか」とは
言わないように(笑)

会社に対しては、依存しすぎないようにしましょう。

上手な会社の利用法

会社は、お金をもらってスキルと信用を与えられる組織と
思いましょう。

運用の仕事をしていたりすると、トラブルが起きない限りはハッキリ言ってヒマなんです(笑)

それを上司もわかっているので、勉強してもいいよ、と言ってくれることもあります。
データベース関連、運用に便利なVBSの勉強、ネットワークの勉強、
サーバ・クライアントシステムの勉強とか、プライベートネットワークを構築して遊んだりするのもOKです。

日本の会社では、Excelはどこでも使います。
よく使われる部類どころではありません。最も使われるアプリケーションであり、
これがなくなったら日本の会社はかなり大打撃を受けると思っています。
だから、Excelは最低限は使えるようになりましょう。

Excelは高機能で、完全に使いこなせる人はほぼいませんが、
よく使う機能はほぼ決まっていますので、そこをマスターしましょう。

会社のサーバにはExcelファイルがふんだんにあります。
どういう使われ方をしているか、たまに、「お、この使い方いいな」と
思うものもあります。
しっかり盗みましょう。

基本的なところが終わったら、関数とマクロとVBAの勉強もしましょう。
生きるためにとても便利なスキルです。
仕事と人生を効率的にしてくれるスキルです。

会社を使って、自分のスキルを高めましょう。
自分を守ってくれるのに勉強できる環境、大切にしましょう。

いわゆるスゴイ人は、会社という組織にいる意味がないほどにすごいですが、
大多数は会社など組織に所属していることは、日本の会社では
大きなメリットです。
社会保険が手厚く利用できます。
社会からの信用が厚いです。
クレジットカード、ローンも通りやすいです。.

 

将来会社を興したいと考える場合、会社と自分を
従業員から守るための就業規則の書き方など、参考になります。

年金が実質破綻しているのはちょっと考えれば自明です。
自分を守るために、自分の勉強をしましょう。

何のために勉強するか?
会社以外の収入、資産を確立するためです。

会社一本では、今の時代安心などありません。
年金も退職金も出ません。

そのために、効率的に仕事をしましょう。
会社において自分が得られるご褒美は、空き時間です。
それを得るために懸命に効率化を図りましょう。

会社に損害を与えず、かといって都合の良い従業員にはならず、
ドライさも必要です。

夜9,10時まで働いてはいけません。
ですが、入社した1,2年は8割がた自分が執務室の電気を消す人間でした(笑)

自分が受け持った仕事が、めんどすぎて誰も成し遂げられなかったため十年以上放置されてきたため、何とかしてほしいと
言われたので、大量データの処理が得意なのと、
何かを成し遂げる快感を求めて頑張ったこともありましたね。

ですが、評価されませんでしたよ。
感謝はされました。でも評価はされませんでした。

理由はどうでもいいのですが、
人事制度とはそういうものです。
頑張って認められて出世するのでなく、
都合の良い人間のコスパを上げるための仕組みが人事制度です。

ちょっとひねくれた文章になってしまいましたね(笑)

会社は、奴隷制度とさほど変わりない部分もあります。
ドライに付き合いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました