webライティングとは

Webライティングとは SEO

WEBライティングと一口に言っても、定義や書き方、範囲があやふやでよくわからなかったりしませんか。

この記事では、WEBライティングのイメージ図も交えながらご理解いただけます。

WEBライター・アフィリエイターとして3年活動している筆者が、Webライティング 初心者にも解り易くお伝えします。

 

jhopin
jhopin

ライティングの影響しあう範囲のイメージ図、ライティングの方法についても一通り解説するよ♪

それでは、行ってみましょう!

WEBライティングとは

 パソコン、スマートフォン、タブレットといったデバイス(電子機器)を使って、ブログやニュース記事・サイト記事など、WEBで表示される文章を書くことです。

 デバイスによって表示できる文字数・行数・面積が異なるので、モバイルフレンドリー・レスポンシブデザインが重視されます。


本もWEB記事も、人間に読ませるために書かれるものですが、WEB記事は人間に対してと同様に、Googleの理解・理念に基づいて書く必要もあります。

 WEBライティングの種類

WEBライティング・コピーライティング・セールスライティング・SEOライティング・イメージライティング・キャッチコピーなどいろいろあります。

SEOとは 【Search Engine Optimization, 検索エンジン最適化】のことであり、Googleに対して書く意識が強く現れた書き方がSEOライティングになります。

 そもそもWEBライティングという言葉自体、マーケティング業界の特定の団体によって定義されているわけではなく、言ってみれば、業界にいる人達が好き勝手に名付けたに過ぎない用語です。

 WEBライティング・コピーライティング・セールスライティング・SEOライティング・ほかに集客ライティング・イメージライティングなどをイメージ化すると、以下のような図になります。

ちょっと範囲はズレますが、キャッチコピーもイメージ図に入れてみました。

WEBライティング・キャッチコピー・セールスライティング・コピーライティング・SEOライティング

WEBライティング・キャッチコピー・セールスライティング・コピーライティング・SEOライティングについてのイメージ図

 
※SEOライティング
お客様 (ターゲット)になりえる読者を集め、自社サイトの成約記事へ呼び込む働きをするので、集客ライティングとも呼びます。
 
※イメージライティング
イメージを膨らませるライティング手法です。

この商品を買ったら自分はどうなれるか、どのような未来を描けるかといった希望を抱かせるライティングであり、ベネフィットを抱かせるライティングということになります。

成約記事に対してベネフィットを抱かせることが重要なので、SEOライティングや集客ライティングと交わる部分は少ない印象になります。

 

イメージライティングが出てきたので、キャッチコピーも挙げておきます。

キャッチコピーとは、WEBライティングと違って、行動を促す要素が「直接的には」ないというのが特徴です。

キャッチコピーの例を挙げてみましょう。

 
キャッチコピー(イメージコピー)の例

「お口の恋人」 ロッテ
「地図に残る仕事。」 大成建設
「100人乗ってもだいじょーぶ!」 稲葉製作所 イナバ物置
「ピッカピカの1年生」 小学館
片岡敏郎「天下無双 森永ミルクキャラメル」(森永ミルクキャラメル)
土屋紘一「美しくたっていることができますか」(資生堂インウィ)
秋山昭(人は、人を思う。」(キリンラガービール)
小野田孝雄「パンパだったら、乗らないよ。」(三菱自動車・ミニカ)
長澤武夫「肉体疲労にAじゃないか。」(武田・アリナミンA)
岩崎俊一「英語を話せると、10億人と話せる。」(ジオス)
「愛を、感じてほしい。」FF8
「何もかも、あなたの自由だ。」ルナティックドーン3(PS1)

 

お口の恋人ロッテというキャッチコピーを聞いても、「おお、ロッテのお菓子を買ってこなきゃ」とは思わないですよね。

「100人乗ってもだいじょーぶ!」 稲葉製作所 イナバ物置

なら、「おお、そんな頑丈な物置があるんだ。見に行こう」という側面も・・・なくはないですがw

「この物置は体重50kgの女性が100人乗って24時間たってもへこみませんでした!」
今なら25%お得です!」

といった触れ込みのように購買を促す「数字」があればなら、直接的に行動を促す要素があるといえるでしょうが、そこまでではないのがキャッチコピーですね。

直接の購買イメージよりも、会社イメージ・製品イメージを伝えるのがキャッチコピーの役割です。

WEBライティングと紙媒体との違い・特徴

 

WEB:基本的に1ページに全ての文章が入り、スクロールする
本:たくさんのページがあり、読者はページをめくる必要があり、意識が途切れる

 

WEB:言葉づかい・漢字・文章が優しめ。
本:難解なもの・読みにくいものが多い

 

WEB:空白が多め(読みやすさ重視)
本:空白は基本的にない

 

WEB:制約はないからこそ、文字が増えがち
本:ページ数に制約がある(特に雑誌)

 

WEB:結論を早く知りたい傾向が強い
本:じっくり読まれる傾向が強い 
 
WEB:学生・社会人・高齢者まで幅広い
本:高齢者・読書好き

 

本:タイトル・表紙を見て買うかどうか決める
WEB記事:タイトルやディスクリプションを見て、見るかどうか決める

WEBと本ではこのような違いがあります。

WEBライティングの手順

Webライティングの手順について、大まかに説明します。
あなたの性格・好みに合わせて、手順を固めると非常に作業がスムーズになります。

 

リサーチする

他の記事がどんなことを言っているかを調べるのがとても大切です。

リサーチが8割といわれていますように、内容を超える理解をしたうえで行う文章は非常に説得力が出てきます。

そのためには、他の記事がどのようなことを書いているのかを把握することが重要です。

具体的にリサーチ方法を記載します。

検索結果の1ページ目(1~10位)の見出し(H2,3,4・・・)あたりを抜き出します。そして、自分のオリジナルを追加します。

他の記事で「わかりにくいな・・・」「もっとこうしたほうがいいのに・・・」と思う点があったらどんどん反映するネタにしていきましょう。

あなたが感じる改善点(わかりにくい・説明が浅い)といった部分を追加することで、良い記事が生まれます。

構成を練る(H2,3,4・・・)

言いたいことを見出し2(H2)で大まかに決めます。

その後、それぞれのH2の配下にH3を網羅します。
H3でも足りなければ、H4まで作りましょう。
普通はH4までで間に合いますが、必要ならH5,6も。

 

記事の最後には「まとめ」「終わりに」といった、結びの見出しを付けるとよいです。

読者が、読んだ内容を整理する助けになりますからね。

 

見出し=骨組み(H2,3,4)が終わってから、それぞれの項目を執筆していきましょう。

 

執筆する

記事の見出し(H2,3,4)を決めてから執筆するか、型(後述のPREP,SDS,PASONA、AIDMA、AIDCAS)を決めて執筆するかは自由です。

1ページ目(1~10位)の全てに共通している内容は網羅し、自分の言葉で書きましょう。見出しH2が記事全体の骨組みです。

 

書きやすさの観点からも、検索者にとっての読みやすさの観点でも、Googleからの評価の点でも非常に大事です。

 

タイトル・導入文・見出しの順番は人それぞれです。

私の場合は、

仮タイトル⇒導入文⇒見出し⇒執筆→仮タイトル見直し

という感じでやっています。タイトルは重要です。
本の名前、背表紙に相当しますので、読まれやすさはここで大きく決まります。

 

推敲する

タイトル(H1)の確認・注意事項

タイトル(H1)は最重要項目なので、注意点を箇条書きで記載します。

 ・タイトルは32文字まで
・狙ったKWを必ず入れる
・数字、【!?@※】などを積極的に使うことで、クリック率が高くなる
・ベネフィットがストレートに伝わるように
・具体性があること
・簡便性があること 
 
次に書くのは、ミリオンライティングという教材(セールスレターの教材)からの引用ですが、基本原則は同じです。
 
「そしてこのヘッドコピーに求められるものは、とにかくその広告を読んでみようと思わせること。この一点に尽きるといっても過言ではありません。

逆に言えばこの部分にそれ以外の目的を持たせる必要は一切ないというわけです。」

 (ミリオンライティングP60/198より引用)

導入文の確認・注意事項

 導入文・書き出しは、タイトルを見てページを開いた読者の興味をつかみ、本文を読んでもらえるかどうかを決める大事な部分です。

 テンプレートの形としては、 

~で悩んでいませんか。
それを解決するためには、~をする必要があります。
本記事では、あなたの悩みを解決・改善する方法と根拠をお伝えします。
私は(弊社は)これまで~を成し遂げてきた実績があるので、是非ご参考ください。

 このような4文をベースにするのがお勧めです。 

また、本文が始まった最初の100~150文字に狙ったキーワードを入れることが大切です。

見出し2(H2)の確認・注意事項

H2は読者にとっての読みやすさの観点で最も重要です。
SEO上の点でタイトルの次にH2が重要です。 

・狙ったキーワードを入れる
・記事全体のH2の構成が、読みにくくないか。順番はおかしくないかを確認
・他の重要なH2と比べて重要度が落ちるなら、特定の1つのH2の配下にH3として格納する

 H2が10個以上あると、読者に「読むのが面倒・・・」という意識が芽生えがちです。
全体のH2をできる限り少なめにしましょう。

本文の推敲する時のチェック事項・注意点

 はっきり言ってたくさんありますし、記事によって注意すべき順番・項目は変わりますが、本当に最低限注意すべき点、その他注意すべき点を記載します。

 執筆後に確認すると、タイトル・導入文に意味不明さ、不自然さを感じることもありますので、最終チェックは必ずしましょう。 

できれば、執筆後、1日寝かせて再度黙読するのが効果的です。
書ききった直後の感覚では、読みにくさに気づかないことも多いからです。

基本的な注意点

 

・読んでいて不自然でないか
・「です・ます」と「である・だ」が混じっていないか (箇条書き項目は「である・だ」でOK)
・難しい言葉・専門用語が入っていないか
・指示語・代名詞(それ・そこ・これ・あれ・先ほどの)が使われすぎていないか (どの言葉を指しているのかが不明確になり、ストレスになる)
・接続詞を使いすぎていないか
・他のサイトの記述をパクっていないか
・一文が長すぎないか。読点の間隔が長すぎないか
・漢字の割合が多すぎないか。漢字の目安は30%
・改行は適切か。スマホでも必ず確認すること
・誤字脱字はないか
その他の注意点
・不適切表現
・コンプライアンス違反
・機種依存文字

 昨今、ちょっとした配慮不足で炎上することがあるのは周知の事実です。
ツイッター投稿とか、政治家の失言など、例を挙げるときりがありません。

また、機種依存文字にも注意です。
半角カタカナも使わない方針が良いです。

ディスクリプションの確認事項

70文字前後を目安に
必ず狙ったキーワードを入れることが大切

 ユーザーがこのキーワードで検索したときにディスクリプションが太文字で表示されるので、狙ったキーワードを入れましょう。

装飾する

 装飾ルールは自由ですが、次の点に注意しましょう。

 

・大事なところの色を決める(マーカーか下線かの統一)
・沢山の色を使わない(赤・黄色くらいで十分)
・装飾に青は使わない(青はリンクという認識が非常に強いため、混乱の元になる)
・見出し(H2,3,4)の直前・直後の装飾は避ける

 私の方針としては、

重要部分:太文字+黄色アンダーライン
注意事項・例:太文字+赤文字
箇条書き:赤か黄色の囲み
 

 この3つくらいに絞って装飾をすることが多いです。一例としてご参考ください。
パターンを決めると迷いが減るので簡単ですよ。

太文字にするには、文字を選んで「CTRL+B」で行うのが一番早いです。

 たくさんの文字を使ってしまうと目が疲れますし、何より訪問者にとって、「色がたくさん使われていてどれが大事なのかわからない」と思われてしまいます。 

図・画像・箇条書きを整える

文字だけで説明だとイメージがわかない場合は、イメージ図や箇条書き、枠線を使って説明しましょう。本文の文字の記述だけではわかりにくさが増します。

 また、代替テキストには、画像・図の特徴を表した文言を入れましょう。

例えばこの記事の最初のWebライティングのイメージ図なら、以下のような感じです。

画像検索からの流入も見込めますし、画像が何かのトラブルで表示されない場合に、どんな画像が想定されていたのかが一応はわかります。

alt属性の書き方

投稿する

投稿後、URLをコピーしてサーチコンソールに貼り付け、インデックスリクエストをして公開するだけですね。 

反応を見る

読者の行動を主にGoogleサーチコンソール・Googleアナリティクスで分析をします。
どちらも無料で使うことができます。

 大まかなイメージですが、

サーチコンソール:入り口
アナリティクス:はいった後

の分析を行うことができます。

 【図】サーチコンソール・アナリティクスのイメージ

サーチコンソール・アナリティクスイメージ

WEBライティングの定番の型

 
PREP法は4つの構成になります。

PREP法

Point:結論
Reason:根拠・理由
Example:具体例
Point:再度結論

  PREP法の例文としては、以下のような感じになります。

 

最近薄毛に悩んでいるけど、対策としてどの育毛剤がいいの?
XXがおすすめですよ。 
なんでそれがいいの?
きちんと効果が実証されていて、国の承認も取れた医薬部外品だからですよ。
 へ~。例えばどんな効果がみられるの?
2022年の満足度調査を1000人に実施して、93%の人が「髪の毛のフサフサに実感できた!」「鏡を見るのが嬉しくなった!」といった回答があります。
改善・満足を得ることができているというアンケート結果ですね。

こういうことです。他の製品は、そこまで満足度が高くないし、商品も合う合わないがあるから、満足度は高い方がイイですよね。
というわけで、まとめると、やっぱり育毛対策はXXが一番ですね。

 

一方、SDS法は3つの構成になります。

SDS法

Summary:要点・概要
Details:詳細・理由・根拠
Summary:要点

 

SDS法は最もシンプルで、初心者でも書きやすい型です。 
SDS法の例文としては、以下のような感じになります。

薄毛に悩んでいる場合は、XXがいいです。
きちんと効果が実証されていて、国の承認も取れた医薬部外品だからです。
2022年の満足度調査を1000人に実施して、93%の人が
「髪の毛のフサフサに実感できた!」「鏡を見るのが嬉しくなった!」といった、
改善・満足を得ることができているというアンケート結果があります。 
というわけで、薄毛に悩んでいる場合は、XXがいいです。他の製品は、そこまで満足度が高くないし、商品も合う合わないがありますし、満足度は高い方がイイですよね。


参考までに、セールスライティングの定番は

PASONA
AIDMA
AIDCAS

ですが、PREP法もシンプルで訴求力を発揮できます。 

WEBライティングのコツ

 抽象的ですが、以下に尽きます。

 ・検索者に圧倒的な価値を与え、感激してもらう (110%の満足を感じてもらう)
・検索者が何を求めて訪問しているかを考え、根底の願望をも解決してもらう
・読みやすさを重視し(スマホでも確認)、そのための記事を書いたり商品を紹介する

 これが大切です。

食戟のソーマというマンガでも、叡山枝津也(えいざんえつや)が

コンサルティングに重要なのは顧客の要望を110~150%で満たすこと。
決して100%ではないところがポイントだな

なぜなら顧客の多くは料理のスペシャリストではないからだ
そこを間違えずに回答すりゃ金は無限にわいてくる

引用:食戟のソーマ単行本17巻159ページ

と語っています。

食戟のソーマ-叡山コンサル1

 

食戟のソーマ-叡山コンサル2

 

そして、結論ファーストが重要です。

小説の場合は、起承転結が大原則なので、結論が最初にあるなんてことはタブーですが、

現代人は、そして検索者は時間がないのです。
答えや悩みの解決法をさっさと記事の最初で簡潔に知りたいのです。

 解決しないで記事から離脱されてしまうこと(再検索)がないように、対策キーワードを「読者の疑問を解決し、読者のニーズに応える」という観点で工夫して網羅し、執筆することが大事です。

WEBライティングのお勧めの学習方法

WEBである以上、紙との違いが非常に大事です。
WEBの学びをWEB以外で学ぶことは基本的に好ましくありません。

 サッカーの技術を本で学ぼうとしても無理があります。
サッカーの技術を向上させるとしたら、実際の指導、せめて動画が好ましいのと同様です。

 SEOライティングを学ぶためのお勧め教材に関しては以下の記事で紹介しています。
記事制作の際に効率的な共起語分析ツール・テンプレートなどの特典もお付けしています。

webライティング教材で本当にお勧め教材3選(+1選)

webライティング教材で本当にお勧め教材3選(+1選)
webライティング教材で本当にお勧めの教材3選です。あなたが投資を回収できるものしか挙げていません。人生が変わる教材と出会って、努力できる精神と実績を手に入れましょう。

 

※巷にあるような、数ばかりで何の役にも立たない特典を付けまくるようなことは行っておりません

共起語(その用語に付随してよく使われる単語)を網羅して解り易さを追求することで、読者の満足度を上げられる可能性が高まります。

共起語とは、例えば

「引っ越し」であれば「準備」「料金」「時期」「保証」「破損」といったところが気になる可能性が高いので、

「引っ越し」の共起語は「準備」「料金」「時期」「保証」「破損」
という感じになります。

ただ、これはちょっと考えただけのものなので、実際にはもっとあるでしょう。

共起語を抽出するには、ラッコキーワードを使うと便利です。
ラッコキーワードで「引っ越し」と検索し、左の「共起語 (上位20サイト)」ボタンを押すと52HITします。

ラッコキーワード,共起語検索

これを抽出して、共起語網羅状況の分析ツールに入れます。
すると、自分の記事とライバル10記事くらいの網羅状況が一覧で把握できます。

(私のお勧め教材を購入すると、特典で差し上げます)

 

SEOライティング・コピーライティングの教材・学習方法など、お問い合わせもお気軽にどうぞ。

WEBライターについて

WEBライターとは

WEB上の記事を書く人の事です。 

紙媒体とWEB媒体では特徴が異なるため、SEOライティングも踏まえたライティング能力が求められます。

WEBライターの仕事内容

 依頼主の要件に従って記事をひたすら書くことです。

 企業・個人のWebサイトのコラム記事
ネット広告
ECサイトの商品の説明文
ノウハウ系記事
取材記事
ニュース記事

など多岐にわたります。

 情報収集能力・行動の素早さが不可欠です。 

WEBライターの収入

一文字0.5円~4円と幅があります。

また、継続して採用される必要もあり、依頼主に比べて立場は弱いです。
目安として年収300万円程度となります。

WEBライターの問題点

 実力を上げるには良いですが、行った仕事が資産になりにくいです。

会社員と同じ時間労働型なので、経験を踏まえたうえで資産構築の仕事にステップアップする方が望ましいです。

Webライティングを副業でやるには

WEBライティングの案件を扱っているクラウドソーシングサイトに登録
WEBライティングの案件に申し込んみ、仕事を請け負う
依頼者から指定されたテーマについての文章を書いて納品

という流れになります。

依頼者⇔クラウドソーシングサイト⇔あなた

という形で、間を取り持つのがクラウドソーシングサイトです。

マニュアルを渡してくれる依頼者もいますが、基本は自分で学んでからでないと厳しいです。
今はライターが本当にたくさんいて、激戦です。
自分の得意分野を依頼主の希望に沿って納品する必要があります。

SEOライティングを一通り学んでから、安い単価 (1文字0.5円)で受注して経験を積んでいきましょう。

納品は、「Googleドキュメント」を介して行われることが多いです。

サイトを介してとはいえ、人と人のやり取りなので、誠実さ・迅速さ・文章の品質が求められます。

まとめ (当サイト限定の特典付きライティング教材のご紹介)

昨今は、本当に役に立つ内容の記事でも1ページ目(1~10位)に上がらなかったりするので、独学で検索上位を取るのは至難の業と言わざるをえない時代です。

 読まれない記事は、存在しないのと同じです。

 正しい方法を学び、実践と分析を繰り返して着実に実力を上げる必要があります。

 

SEOライティングを学ぶためのお勧め教材
コピーライティングを学ぶためのお勧め教材 

に関しては以下の記事で紹介していますので、合わせてごらんください。

webライティング教材で本当にお勧め教材3選(+1選)

webライティング教材で本当にお勧め教材3選(+1選)
webライティング教材で本当にお勧めの教材3選です。あなたが投資を回収できるものしか挙げていません。人生が変わる教材と出会って、努力できる精神と実績を手に入れましょう。

 

jhopin
jhopin

私のお勧め教材を購入すると、共起語網羅分析ツールが手に入りますよ♪


共起語網羅状況の分析ツールを活用すると、自分の記事とライバル10記事くらいの共起語網羅状況が一覧で把握できますので、共起語含み状況を調べる手間を激減させることができます。

用語を1個ずつコピー貼り付け検索などといった作業を、自分の記事とライバル記事で何百回と繰り返すのは不毛な時間です。

 

以上、ライティングと手順について大まかに説明してみました。
これであなたのライティング力が上がり、成果がでれば嬉しく思います。

 

jhopin
jhopin

最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
お疲れさまでした(’-’*)♪

⇒ LP作成ロードマップ

⇒ コンテンツ一覧
⇒ オススメ記事一覧
⇒ TOPに戻る

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました